読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ言いたいことだけを言うブログ

ただ言いたいことだけを書き連ねます。愚痴が多めかも知れません。

整形をしました体験記

ついにやりました。

湘南美容外科クリニック 横浜院で施術していただきました。

これを書いている今、若干の腫れと顎ヒアルによる異物感と鈍痛に悩まされていますがまぁいいでしょう。(ホモ特有のスルースキル)

わたしがやった施術は

ダブルレイヤー法

目尻切開

切らないタレ目形成

顎ヒアル

の四つ。そこにオプションで麻酔代などが込みで70万くらいでスゥゥゥゥゥゥ

 

私は静脈麻酔を用いての施術でしたので、当日の朝(正確に言えば施術三時間前)から絶食して向かいました。

寝ぼけ眼で母が運転する車で向かい、支払い。洗顔をして手術室へと案内されました。しばらくすると先生が来て、二重幅をきめて、よくある青いマーカーでぴーっと線をひかれます。SPECのニノマエくんを思い出しました。わからない方はググって、どうぞ。

そして、鼻から笑気麻酔を吸わされます。正直言うと私には一切効かなくて、うーん??とおもったまま静脈麻酔を打たれました。そこから徐々に意識が薄れ、夢の中でわたしは目尻を切られていました。そこには確かに痛みがあり、思わず絶叫しました。「いたい!!!!!いたいいいい!!!」と叫ぶわたしを呼ぶ声がきこえて目が覚めました。

そこには先ほどと同じ天井と私の顔をのぞき込む先生が。医療ドラマのワンシーンかな?

ワイ「えっ、もう手術おわりました?」

先生🙂「始まってすらいないよ。ちょっと触っただけなのに絶叫するからこまったよ~」

うせやろ?

どうやらわたしが喚いたせいで局部麻酔しか始まっていなかった模様。

あ   ほ   く   さ

そして、意識がぽやんとしたまま施術が始まりました。(痛みは)ないです。

あー縫われてるなという感覚はありますが痛みはなかったです。

 

問題は切らないタレ目形成でした。

当たり前ですが施術風景を見ていないため、私の予想なのですが。

切らないタレ目形成とは、結膜側?を塗って下に下げる方法です。そのため、塗った箇所(手芸でいえばたまどめしたところ)をきちんと塞がなければなりません。そのため、電気メスのようなものでバチバチ!と傷口を焼いて止血していくのです。これが怖かった(小並感)

なぜか痛みのようなものを感じ(といっても耐えられる程度)、あたりにはイカを炙ったような香ばしい焦げ臭い香りがします。人間の組織を燃やすとこんな香りがするのか、と手術台に寝ながらわたしは思いました。

目尻切開は夢の中とうってかわって無痛。何も感じない。

顎ヒアルはちょっと痛かったです。ビクンってなりました。圧迫感がすごかった。ですがこれも耐えられる程度のもの。

さて、本番はここから。帰宅してからわたしは目を強くつむれないこと、咀嚼がしにくいことに気づきます。あと口をゆすぐのもできません。顎に鈍痛が走り、「オンバァ」と口から水が思わず漏れだします。要介護老人と化したななみんUC。大好きなコーラもストローでゆっくりと飲まなければならずわたしはキレそうになりました。ですが、理想通りの整ったフェイスラインをみると、「しょうがねぇなぁ~もう~////」と全てを許してしまうのです。お前ガバガバじゃねぇか(呆れ)

早く腫れが引くように、田所コージーコーナーの保冷剤を無神アズサのハンカチで包んで患部を冷やしています。冷えてるか~。

 

顎は痛いし、目はガチャピンみたいになってるし、くしゃみすると目にズキンとした痛みが走って「ヒィィィン」ってなるけど、それでもわたしは良かったと思う。

コンプレックスがきえて、これからのことが楽しみになった。もうちょっと、生きようと思えた。ありがとう整形。ありがとう湘南美容外科クリニック。ありがとう先生。ありがとう看護師さん。

静脈麻酔で「いたいいい!!いたいいいい!!!野獣先輩たすけて!!!!」とホモガキも真っ青な寝言をぶちかました私を半笑いですましてくれた手術室のみなさん、ありがとう!フラーッシュ!

そして整形を許容してくれた家族、恋人、友人。

いかに私が恵まれた環境にいるのかがわかりました。

ありがとう。