おにぎりちゃんのブログ

書きたいことを書いてます。

トーマスのチューイングキャンディの話

トーマスのチューイングキャンディが大好き.......。

やばいクスリでも練りいれてんのか?と思わせるほどの中毒性があるんですよね。

私はあれが大好き。ちなみにトーマスは好きじゃないむしろ怖い。なんで機関車に顔つけようと思ったんだよ。おかしいだろ。

 

もう本当に大好きで、開発者の人に5000兆円あげたいし、「トーマスのチューイングキャンディで家をつくりたい」っていうクラウドファンディングがあったら全額ぶち込む覚悟があるし、もはや私がやりたい。やらせろ。家を作らせろトーマスで。

 

でもこのトーマス、全然売ってないのよ(クソデカため息)

近所だと、100均にしか売ってない。

私はここのお店でおかしなものしか買ってないので、警戒されているかもしれないのに、トーマスのチューイングキャンディなんてて買っていった日にはとうとう犯罪に手を染めたと思われて通報される。

ちなみにここのお店で

「洗面器」「おにぎり専用ケース」「自転車のカゴにつけるライト×3個」をかった前科が私にはある。

このラインナップ、今見てもキマってんな、と思う。

全てがちぐはぐで怖い。1日の生活を断片的にぶち、ぶち、ぶち、ってちぎった感じの買い物の中身。本当に怖い。

そんな奴がトーマスのチューイングキャンディなんか買っていったらどう思われるかなんて手に取るように分かるでしょ?????

 

そう思って、大好きなトーマスをほんとに極わずかな頻度でしか買いに行けなかったんです。

しかし、あんな1パックに5枚しか入っていない、アリの胃袋を満たす程度の容量じゃあ、私のトーマス胃袋を満たすことは到底不可能。

お得な3パックセットだって15枚しか入っていないではないか。

私は顎がだるんだるんになるまで(およそ50トーマス)食べたいんだ。

しかし、これでは不審者として思われかねない。どうしたらいいものか?

そう悩んでいた矢先、2chでこんなスレを見つけてしまった。

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/09/05(火) 15:41:40.45 ID:6m5Qu7hP0.net

店員A「こいつ買いすぎだろww」ヒソヒソ
店員B「今週何度目だよw」ヒソヒソ

ワイ「…」ドン!(きかんしゃトーマスのチューイングキャンディー((1個3本入り108円)を置く音)

店員A「こちらw三点でw324円になりますww」ププッ
店員B「wwwwwwww」

ワイ「…」(無言の帰還)

 

ナメんな

 

未来の私かな???

洗面器、おにぎり専用ケースなどの狂気的なラインナップに続き、トーマス大人買いはさすがにやばい。

ちなみに私は3パックセット×3つどころではなく、陳列されている分すべてを富豪買い(大人買いの最上級)を行おうとしていたため、雷に打たれたかのような衝撃が走った。

「3パックセット×3つで笑われるのか?!?!」

もはや、100均で買うことは不可能だと言ってもいい。ペンタゴンに侵入するのと同じくらい不可能だ。無理無理。

 

そこで現代っ子の私はAmazonで「トーマスのチューイングキャンディ」と調べてみたところ、3パックセット×10個という業者レベルの単位で売っていたため、さっそく買い物かごにぶち込んだ。

トーマス飢饉がきても安心。備えあれば憂いなしってね。

 

 

「子供舌おばさん」という声が聞こえた気がした。

そうじゃよ、ワシは、子供が食べるようなお菓子を食べるのが大好きなんじゃよ。

ハイハイン」っていう死んだバカウケみたいな子供どころか赤ちゃんが食べるやつも好きだし、なんなら離乳食コーナーにある「さつまいもくっきー」っていうクッキーが大好きでね、心は新生児だけど体は成人女性だからね10分で1箱食いつくすよ。

あと「アンパンマングミ」もすき。

こないだ100均にこんなパチモンがいたけど皆騙されるなよ、こいつは偽物だ。

f:id:namagomi3:20180711004555j:image

本物はオブラートがついてるから。ここ試験に出ます。

 

あとね、アンパンマンのぺろぺろチョコと、裏側にビッケがついてるやつも好き。

アンパンマンすごいなぁ、やっぱりアンパンマンはすごいよ(感嘆)

アンパンマンでまずいやつ見たこともねぇもん。

 

最近は この商品も気になっています。

f:id:namagomi3:20180711004852p:image

絶対うまい(確信)

しかし、私への牽制のつもりなのか?それとも挑発なのか?

「9ヶ月から幼児期まで」と書いてあります。

『これはヘイトスピーチでは?』

と思いましたが、

これ、パッケージ上部に「カミカミ期」と書いてありますね???

ならわたしもトーマスやら あたりめやらをカミカミしているのでカミカミ期になるのではないでしょうか。

Q.E.D(証明完了)

今度実食してみます。(赤子の飯を奪う人間の屑)

 

みなさんもぜひ、食べてみてください。

 

私はこれからAmazonで欲望のままにお菓子をポチります。それでは。

 

 

 

私の好きなキャラについて討論してみたん

最近全然更新してなかったわゾ~^

完全に忘れてたし、そもそも書くようなトピックもなければ、刺激的だったり衝撃的だったこともなくてですね。

なんていう悲しい人生なんだ.......。

休日はスプラか2chyoutubeっていう廃人引きこもり生活を送っていたものでwアッ拙者オタクではござらんのでヌカコポォwwwwwww

 

なんでそんな廃人引きこもりマンが急に更新したかっていうと、

先日 Twitterをいつものようにぼーっと眺めていたらですね、「推しキャラは貴方の性格の生き写し☆」っていう内容のツイートがまわってきて、心臓止まるかとおもったんですよね。

 

なぜなら私の推しキャラは【コンプラ】か性格ひねまがりマンしかいないから。

ひねまがりすぎて白井選手もびっくりってくらいの根性クソ曲がり野郎ばっかりなんですよね。

ちょっと今から羅列しますから、1度ご覧になって(黒柳徹子)

・旧多二福

・ウタ

・逆巻カナト

・無神ルキ

・無神アズサ

・花宮真

この中でまともな人間いないですからね。

そもそもほぼ全員ホモサピエンスじゃなくて草。

Katy Perryの「ET」という曲の中で「different DNA」って歌詞があるんですけどこれはその事??もしかして伏線回収しちゃいました??もしくは私は人外にしか興味がもてない性癖にでもされてるんですか????

まぁたしかに幼少期からリト〇・マーメイドが大好きで狂ったように見てましたからね、それかな????英才教育ってやつですかね(違う)

まぁ羅列されたところで知らない方が大多数だと思うのでざっくり紹介していきます。

 

旧多二福

f:id:namagomi3:20180625003116j:image

東京喰種:reに出てくるサイコ野郎。サイコだけど最高(即興で韻を踏むラッパーの鑑)

人間ではなく喰種

最初はクソザコナメクジみたいなキャラだったのが突然豹変して同胞をぶっ殺した挙句上司の死体を踏みにじり、しかも裏で暗躍していた凶悪犯と言っても過言ではない人物。指名手配不可避。

その上結婚をエサにおびき寄せた女性を喰種レストランに呼び寄せ、「豚を恋愛対象としては見れない」などと発言。

あっけなく捕まり 彼女は鉄板で顔面から根性焼きされてしまうが、それを傍観している。怖い。

道徳の授業とか受けてこなかったのかな?

さらに、神経を逆撫でされるようなことを言われた際には「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」と延々と呟き続けるなど、とんでもない異常性を感じさせ、全米を震撼させた(大嘘)

でも好き。顔が好き(大声)

タレ目と泣きボクロがエロい。

革手袋をいつも付けているのもまたおかし。(清少納言並感)

 

・ウタ

f:id:namagomi3:20180625003127j:image

彼も東京喰種に出てくるキャラクターである。

人間ではなく喰種。

こわい、怖くない?

性格は優しいし 見た目とは裏腹に穏やか。

私は初見の際に「うわっ!!!!バンドでドラムやってファンの女の子性的な意味で食ってそう!!!!!!!」と思っていたのだが、そんなことはなかった。ゴメンナサイネ~

見た目のパンチに面食らう人が多いが、私の推しメンの中では比較的意思疎通が測れるし、話も噛み合うし、融通も聞くので比較的まともにあたる人物。

「自分のお店に人間のお客さんがくるとドキドキする」と言っていたのだが、わたしもウタさんを見るとドキドキするのでこれは両思い Q.E.D(証明完了)

 

・逆巻カナト

f:id:namagomi3:20180625003135j:image

ディアボリックラバーズという乙女ゲームに出てくるゾ。

吸血鬼

可愛らしいお顔立ちに残されたクマがチャームポイント。心配なので五億年くらい眠ってほしい。

いつも大事に抱えているクマはテディといい、中には彼の母親の遺灰が入っている。

やべぇよやべぇよ、、、。

さらに、ブチ切れたり 泣いてしまうと収拾がつかないため、慎重に言葉を選びご機嫌を取らねばならない。

それはまるで掘り起こされた不発弾を運ぶかのように慎重に慎重にやらなくてはならない。

何を隠そう、死にかけの実母(壊れかけのradio)を燃やしたのは彼自身であり、ゲーム内でも分岐によっては兄弟を皆殺しにしたりとても忙しそう。師走だってこんなに忙しくないのに。

また、熱湯をかけてきたり、フォークでぶっ刺してきたりするが、彼なりの愛情表現なのでありがたく受け取るのが吉(おみくじ並感)

 

・無神ルキ

f:id:namagomi3:20180625003158j:image

吸血鬼と人間のハイブリット

ディアボリックr(省略)

人を家畜と呼んでくる。この時点でやばい人でしかないが、しかし、4人いる無神兄弟の中ではまともな方。

既にお気づきだろうが、人間性を尺度とせず、話が通じるか否かでまともかそうじゃなかの線引きをしているあたりで私の推しメンのやばさを感じ取ってほしい。

カナトくんに比べると感情のグラフがかなりフラット。

フラットすぎて原点からほぼ動かなさそう。

絶対零度というか、骨の髄まで凍りついているというか、一切暖かみを感じさせない部分があるので、やりはじめた最初は本当に心が死にそうになる。

理路整然と追い詰めてくるし、罵倒の内容が的確すぎるので、彼を攻略している最中は心身をやられる。

しかし、それらを超えた先に 優しくて暖かみのあるルキくんが待っている。

がんばろう。

ちなみに、CVは櫻井孝宏。ハイ最高~!

 

・無神アズサ

f:id:namagomi3:20180625003204j:image

ディアボリック(ry

吸血鬼と人間のハイブリット

無神家の末っ子。

陰鬱な雰囲気と腕に巻かれた包帯、コレクションされたナイフの数々。

そう、彼はメンヘラである。

ドSでありながらもドMであるという変態の境地みたいな立ち位置にいる彼だが、「なんで切ってくれないの?そんに俺のことが嫌いなの?」などというハチャメチャ理論をぶつけてきたり、既に洗濯板とかギロみたいになっている腕をさらに切り刻もうとするので見ていてヒヤヒヤする。でも愛しい。かわいいなぁもう。

そのうち情熱大陸の時の葉加瀬太郎みたいな勢いでリストカットしそう。

性格や動き、しゃべり方は基本おっとりしていて、優しい。二面性はあまりなく、融通も聞くが、時たま見せる頑固さや、強引さが異常。

主人公にまとわりつくカナトを引きはがすため、カナトが死ぬほど大事にしているテディを暖炉にぶち込み(当然テディはごうごうと燃える)、発狂している隙に主人公を奪還するなど、時たま全く読めない行動をするので怖い。バグかよおめーは。普通暖炉に入れようと思う????

でも可愛いので100点満点!!!!!!!!

 

・花宮真

f:id:namagomi3:20180625003231j:image

黒子のバスケに登場するキャラクター

メンバーの中で唯一のホモサピエンスだが、性格はこの中だと1位2位を争うぐらいの悪さ。

勉強もできるし、ずる賢い方にも頭が働くし、外面がいいという 最も扱いづらいタイプの人間。

優等生かと思いきや、ラフプレーを指示し、選手を潰し多数の怪我人を出すなど 卑劣で冷酷無慈悲。

また、煽るようなプレイやラフプレーにより、選手に過度なストレスを与え、怒りで動きが単調になるようにしてくる。怖い、許して。

でもね、これすごいわかるの。

スプラトゥーンで煽られると、煽り耐性0の私は一瞬でブチ切れてキルしに行きますけど、怒りでエイムがブレるんですかね、十中八九返り討ちにされますから。もう奴らの策にハマってるようなもんですよ。

ポケモンオタマロに似てるって言われてるのが死ぬほどおもろくて見る度に草生える。

いい子ちゃんの割には「んなわけねーだろバーーーーーーカ」と言って、もともとブチ切れている相手をさらに逆上させたり、すごく忙しそう。

顔も性格もすき🙆

 

 

うーん改めて書き起すと「異常」の一言につきますよね~~~~!!

自分で書いててつくづくやばいなって思いました、たのしかったです(小学生並みの感想)

どうでしょう、似てるんでしょうか?

自分では似てないと思うんですけどね、まぁ唯一当てはまるとしたらリスカしてるくらいですよね(1番似てはならない部分)

 

こうして推しメンについてゆっくり考える機会なんて0ですから、なにか感慨深いものがありました。

みなさんもぜひ、推しメンと自分を照らしあわせてみてはいかがでしょうか?(黒柳徹子)

私はもうおなかいっぱいです。

ヤンデレCDを聞きながら寝ようと思います。

それでは。

 

ヤンデレフェチのぼくがヤンデレについて語る

皆さん ヤンデレはお好きですか?

好きですよね?ぼくは好きです。

だからみなさんもヤンデレを好きになってください。さもないと〇します。

アツモリィ!

失礼いたしました。

ヤンデレ好きが高じるあまりに、ヤンデレ構文が出てしまいました。

 

今回はですね、様々なタイプのヤンデレを見てきた私がいやヤベーなこいつとぉった方達をご紹介していきます。

マツ〇の知らない ヤンデレの世界

※今回ご紹介するヤンデレくんたちは全て乙女ゲーム、ドラマCDなどに登場したものであり、当たり前のように実在しません。いたら逆に怖いので普通におまわりさんを呼びましょう。

 

第3位 根回しがやべーやつ。

以前購入したヤンデレCDがこのタイプのやつでした。

具体的にどういうことをしたかと言うと、

まず彼は彼女の家を燃やすんですよね。初っ端から犯罪で草。

そして「可哀想に。僕の家においでよ」と。

いや可哀想もなにも燃やしたやつはお前やんけという話なんですけどね

さらに恐ろしいのはここから。

「いつまでも(恋人でもない男性の)家においてもらうわけにはいかない」と至極真っ当なことをいう主人公が探してきた物件を、なんと不動産屋に根回ししてダブルブッキングしてまで引越しを阻止するんですよね(戦慄)

終盤に彼は「どうせお前は俺が愛しているといっても信じないんだろ?」だとかのたまっていたのですが、家を放火し 不動産屋にまで根回しする度胸があったら告白の一つくらいしたらいいんじゃないですかね、、、。と思わざるを得ませんでした。

そのうちにこいつ全国の引越し業者を爆破して周りそうで怖い、怖くない?

あと普通にシャバで堂々と生活すな。

しかし、この狡猾さが良いですよね。

時には社会的な権力を振りかざしてくる、合わせ技を使ってくるタイプもいます。もはや一般市民はひれ伏すしかありませんからね、汚い大人だで。

このタイプのヤンデレはだいたいが眼鏡をかけて高そうなスーツを着ている黒髪エリートリーマン

 

第2位 薬を盛ってくるやつ

多いな~~~~~~

多いよ~~~~~~

最近ではこの手法多いよ~~~~

流行ってんの~~~~?

いとも簡単に人に対して薬を飲ませられるその罪の意識の希薄さが良いと思います。異常性を感じさせますよね。

 

1つ印象に残っているドラマCDがありまして。

ちょうど薬を盛るシーンがあって、ちゃんと粉薬を紅茶に入れる音まで入れてくれてて、臨場感たっぷりだったんですけど、

でもね、普通入れるとしたらさ、

「サーッ、、、」くらいでしょ???

コーヒーにスティックシュガー入れる時もこれくらいの音じゃん???

そのCDに関しては「サーーーーーーーーーー」って言ってたからね。ちょっとした小皿1杯分くらいは ぶち込んでたと思う。盛り塩できるんじゃない?くらいの量。

ほんとに怖い。下手したら死ぬ。というか確実に殺りにきてる。

一命を取り留めても肝臓あたりがまともに機能しなさそう。

だいたいこのタイプのヤンデレは主人公が目を覚ますと「起きた?」って言ってくる。次点で「おはよう」。やかましいわ。

「頭 ぽわぽわする?」ってしあたりめーだろうがよ。

ぽわぽわとか可愛い言葉をつかって事態を有耶無耶にしようとするな。

 

第1位   話が通じない

 

これよ。ヤンデレの醍醐味はこれ。

同じホモ・サピエンスと会話しているとは思えないほど 会話が成立しないところがチャームポイントですよね(投げやり)

例えば付き合ってもいないやつが突然「今日は僕達が付き合ってから1年目の記念日だよ♡」とか急に言ってきたりする。え?なにが?みたいなね。

俵万智ぐらいだからなそんなこと許されるの。

あとこいつらは大抵トンデモ理論をぶち込んできたりもする。「俺が愛してるんだから愛してるって言えよ」

「こんなにボクを怒らせるってことは殺されたいんでしょ?(既に刺してる)」

怖~~~~~~!!

この義務教育の限界を感じさせる一言やばくないですか?話を聞こう???

まれに、付き合ってすらいないヤンデレくんが「ぼくはこんなに君を愛してるのになんで君はぼくを愛してくれないんだ」のように、会話のズレ加減とヤンデレ理論のWパンチで攻撃してくるケースがあるんですけど、もはや「オメーは誰だよ」としか思えない。怖い。

このタイプはすごく厄介で、自分の幻想をぶち壊された瞬間に激昴して発狂したり、殺してきたりするパターンが多い。

ほわほわーとしたポメラニアンみたいな男子が突然「えっ?付き合ってない、、、?」みたいな反応から発狂して刺殺してきたりするので奥が深い。

むしろ気づかないのがすごいと思う。

ちなみに、ヤンデレ男子がショックのあまり自分の命を絶つパターンも最近発見しました。見たあとにハチャメチャに苦しい気持ちになったので半分トラウマです。

 

ここのランキングには乗らなかったものの、非常に味わい深い ヤンデレの皆さんもご紹介しておきます。

 

・ 飲み物に母親の遺灰をいれてのませる

→これに関しては流石にやっていいことと悪いことがあると思いました。

いったい何がしたいのか見えてこなくて怖い。こういうやつが人肉の味に興味を持つ。

・彼氏持ちの女の子を誘拐して孕ませて返す

→やっていいことと悪いことが(ry

これも本当にトラウマだし、何も悪くないであろう彼氏くんの気持ちに感情移入しようとすると吐き気がこみ上げてくるのでこのシナリオに関しては完全に私の体が拒否している。怖い。

・四肢を切断する

→もはやここまで出来るのは才能。手間もかかるしなによりそこに踏み切れるのがすごい。

あと何を使って切断してるんだろう?

後処理とか、切った断面はどうするんだろう?(素朴な疑問)

多くのヤンデレが檻に閉じ込める、手錠&足枷を使用してきた中で、「そもそもに足がなければ逃げられないのではないか?」と思いつくあたりが鬼才。

この発想力をぜひ別のことに生かしてほしい。

・主人公の使用済み生〇用品を持ち帰りコレクションする

→普通に2次元の話なのにドン引きした。10日間くらい事情聴取されてきて欲しい。

ここまでの変態は事情聴取する警察が可哀想。

・主人公にあげる手料理の中に体液を混ぜ込む(精液、爪、髪の毛、唾液、血液など )

→食事中やぞ(激怒)

 

ここまでボロクソに書きましたが私はヤンデレ男子が大好きです。

シチュエーションCDなんて死ぬほど買い漁ってます。

ですが、最近 年をとったのか、寝ながらヤンデレCDを聞くのが困難になってきており、新たな拝聴スタイルを考えなければと思っています。

なにが困難なのかと言うと、開始5分くらいで寝てしまい、毎回最初から聞き始めるのでシナリオがいつまでたっても進まないということです。

「このくだりきいたな~!」って思いながら眠りについてる。

あと、ヤンデレくんの声でびっくりして心臓痛くなる時もあります、寿命が半世紀分くらい縮んでそうなのでそろそろ寝る前に聞くのはやめます。

ぼく「( ˘ω˘ ) スヤァ…」

ヤンデレ「ア゛ァ゛ァァァッ?!?!(クソデカ大声)(ブチギレ)(音量max)」

心臓くん「きゅっw」

ぼく▂▅▇█▓▒(’ω’)▒▓█▇▅▂≡

 

なにかいい拝聴スタイルがあれば教えてください。

皆様 良きヤンデレライフを。

 

PS    CV櫻井孝宏ヤンデレは至高 

 

 

パーソナルカラー診断にいってきた

本日、パーソナルカラー診断にいってきたゾ。

貴重な体験かつものすごく楽しい時間だったのでブログに書き残そうとおもいまスゥゥゥゥ。

参考になるかわからん、わかんけど体験談として読んでくださいオナシャス


プロ診断を受けるのは実はこれが初めてなんですけど(激白)

私はデジタルセルフ診断の末てっきりブルベ夏だと思っていて、バンバンブルベ夏向きの服やコスメを買ったりしていた。アホの極み乙女。

なので、今回はきちんとしたプロの人に「お前はブルベ夏やで」っていう太鼓判をおして頂こうという決意のもと、診断にむかったのですが、結論からというとね、違ったよね~!

(過去の自分)背負いなげ~~~~~~~!(IKKO)


私は今回診断していただいた先生を、「住んでいる地域」+「パーソナルカラー診断」で検索し、いくつかhitしたものの中から、「あっこの先生すごい良さそうだなぁ」と直感的に思った先生ところに予約をしました。

今回診断していただいた先生は、ブログをかなりマメに更新されていて、受講した方々の感想も載せられていて信頼度が抜群に高かったんですよね。

私のようにどのサロンを選べばいいのか迷っている人にはとても有難かったです。また、文章から優しさと美意識の高さが伝わってきて、気づいたら予約していました()

急遽4日前に予約したにも関わらず、普通に受け入れてくださいました。ありがとうございます。


診断日前日

緊張と楽しみで眠れなかった。就寝したのはAM3時頃じゃないかなぁ。

なりたいイメージ、似合わないとおもう色などをスマホのメモにでもまとめておこうと意気込んだ瞬間に睡魔にまけて眠る(ポンコツ)あーもうめちゃくちゃだよ。

そしていよいよ迎えた診断日当日。

ブログで見るよりももっともっとお綺麗な女性が入口に立っていて明るく迎え入れてくれました。

パーソナルカラー診断の他にも骨格診断、メイクレッスンなどなど、多岐にわたって活動されている方なので、やはりファッションからヘアカラー、メイクすべてにおいてお洒落で完璧で同性の私でも惚れ惚れしてしまうほどでした。

そして、そんなレベルの高い人に私のような頓珍漢な人間のファッションを見られるわけなのでおしっこ漏れるかと思うくらい緊張しました。


診断が始まるとまず丁寧にお話を聞いて下さり、事前の説明もかなり丁寧にしてくれて、「神か?」と思いました。

それらが終わると、姿見の前に置かれた椅子に座り、先生が次々とドレープを当ててくれるのですが、これ死ぬほど面白いんでね、みんなほんと、目かっぴらいてみててほしい。鏡に映ってる己の姿とか気にしないでいい、もう恥じらいを捨てろ。見ろ。「いやでもブスなんで////」とか言ってねぇで見ろ。というか、先生が、似合う色のドレープを当てるとバンバン褒めてくるので、自己評価が著しく低い時に行くと多分死ぬ。ある程度自分に自信がある時に行こうね!

違いが特に顕著にそれが現れたのは黄色のドレープ(個人差があります)

同じ黄色でも、ブルーベースとイエローベースの黄色があるんだわ。

マスタード色やキャメルっぽい色のドレープ(イエベ色)はびっくりするほど老けました。

玉手箱かなにかか?平成の浦島太郎。

あとフェイスラインがジャガイモみたいになるし、若干髪の毛がベタベタして見えた(これは気のせいかもしれない)

その点自分のパーソナルカラーのドレープ(ハニーレモンみたいなうすいイエロー)を当てるとこれまたすごいです。感動のあまり「ヒョォー!」みたいな声が出ました。イルカみたいな、そんな声だったわ。

顔が明るく見えて、鼻筋にいれてるハイライトがくっきり見えて、チークを入れているゾーンがぱっと華やかに見えるんですよ。

というか顔全体光ってない?大丈夫?みたいな。

知らずしらずのあいだに皮膚組織にLEDでも埋め込まれたかな?って。

神ね。

また、ブルーのドレープもたくさん当てていただきましたが、くすんだ淡いブルー(ブルベ夏)のものはダメでした。

頑張ればいけないこともないんですけど、子供が頑張って背伸びをしているような、「あっママの服借りたんやろなぁ」みたいなイメージになりました。要するにちょっと老けた。大人っぽい感じに持っていきたい時はいいのかもしれない(適当)


かなりはっきりした青(1番似合わないと思っていた色)がいちばん良くて死ぬほどびっくりしました。あまりにも透明感がドバドバ出るので、「透明感がそろそろやばそう」だとかわけのわからない譫言を呟いてしまいました。

ちなみにめちゃくちゃ似合わない色のドレープをつけた時のぼくから飛び出した言葉がこちら。

「土っぽい」「芋臭い」「顔色が土」「顔色がごぼう」「フェイスラインがジャガイモ」「金太郎みたい(オレンジっぽい赤のドレープ)」「今にも死にそう」「死期が近い人の顔」「なんかが疲れてるようにみえる可哀想(他人事)」「なんか顔色が汚い」「うーん還暦祝いみたい(イエベ向き赤のドレープ)」

そして、ベストカラーは黒とオフホワイトでした。

私服も黒、白が中心だったので 「野生の勘だね~!」と先生と二人で盛り上がりました。


診断の結果、私はブルベ冬になるそうです。びっくりしました。まさかブルベ冬だとは思わなかった。

昔からずっとダークレッドの口紅が大好きだったんですけど、これはブルベ冬にとって大正解だそうです。

やったぜ。これからもダークレッドのリップを死ぬほど買い集める、はっきりわかんだね。

そんなわけで、めちゃくちゃ楽しかったし、面白かったので、全人類受けるべきやとおもいます。


ゲロが許されるという風潮

許すな。


私は以前から解せなかった。

なぜ、たくさんある中でゲロだけは許されるのだろうか?と。

人がもらせるものは多々ある中、許されているのはゲロだけである。

これは差別ではなかろうか?

例えば、うんこを町中で漏らしたとして、ゲロのように誰かが介抱してくれることはあるだろうか?

わたしはうんこだったら100%ないと思っている。

酔って吐いている女の子を介抱している大学生も、その女の子が酔った勢いで突然大量のうんこを漏らしたら、今後一切関わらないであろう。(なお、この男子学生がスカトロマニアだという場合はのぞく)


なぜゲロは許されるのだろうか?


理由として、吐いている時の姿が苦しそうに映るからではなかろうか?


うんこは、出すまでの腹痛が一番しんどいため、出してしまえさえすれば痛みから解放されるが、ゲロはそうではない。

とくに、アルコールで酔ってゲロを吐くとなると、1度や2度ではすまないし、出し切っても気持ち悪さは続くであろうから、仕方ないのかもしれない。


しかし、見た目のフィジカルでいえば確実に うんこの方が上ではないだろうか?

ゲロは親しみににくいが、うんこはその点親しみやすさがある。国籍問わず子どもにはウケがいいし、うんこは世界的スターと言っても過言はない。

それなのに、ゲロばかりが優遇され、

体液の中では比較的ポピュラーで、害がそこまでなく、むしろチンパンジーが免疫力を高めるために使っていると言われている鼻水でさえ「きったなーい!」といわれてしまう。

明らかにゲロの方が汚いんですがそれは、、、。



なぜわたしがここまでゲロというこの世ので一番存在価値のないものに執着しているかというと、わたしのバイト先が飲食店で、来月繁忙期を迎え、ひとりくらいはゲロを吐く生物兵器ハザードに直面する危惧があるからだ。


今から逃げたい気分だ。

ゲロ だめ絶対。

なぜ店長の連絡ノートはおもしろいのか?

なぜ店長の書いた連絡ノートはおもしろいのか?


先日、当店に中国人のお客様がお見えになった。深夜帯にも関わらず来て下さり、しかも飲み放題までつけてくれた上客である。

しかし、そんなお客様が飲みすぎたあまりに嘔吐してしまった。

その時 私は出勤していなかったのでわからないが、その日の深夜は忙しかったようで 多忙を極める中で嘔吐物の処理までするのはすごく大変だったろうと思う。


数日後 出勤して「連絡ノート」(従業員同士の伝達に使われる)を開くと、店長から「中国人のお客様がマットにゲロを吐かれて干してあります。 」との伝達事項があった。


わたしはそれを読んだ瞬間、ささやかに笑ってしまった。

本来、お客様が嘔吐したらしんぱいするたちばにあるはずなのに、なんでか少し面白くなってきて、私はずっとニヤニヤしていた。

それは皆同じだったようで、従業員のお姉さんも笑っていた。


何故こんなにおもしろいのか?


それは、考えれば考えるほどおもしろい絵面だからだと思う。


まず、これが「日本人のお客様」ではおもしろくない。

日本人の客がゲロゲロ吐くことなんて日常茶飯事だからだ。

これは中国人であるということが大きなウエイトをしめているといっていい。

もうその時点でおもしろい。

そして、中国人がマットにゲロを吐くというところ。

なぜマットなのか?

トイレに間に合わなかったのだろうが、店内に色々あるスペースの中でなぜマットを選んだのか?

吐いた時は「我嘔吐為 謝罪」みたいなことを言ったのだろうか?


噛めば噛むほど味が出る

考えれば考えるほどニヤついてしまう

まるでするめである


第2に、これが面白い理由として

「容易に想像できるから」があげられる。


我々は日常会話においても、この「想像」という力を働かせている。

たとえば

A「犬を飼ったんです!白くてもふもふで可愛いんですよ」

B「わぁ~!ぜったいかわいいですね!」

この時Bは、意識せずとも「白くてもふもふの犬」を想像しているのである。

想像は他者への共感を生む第一歩であり、会話の中で実は最も重要なものなのかもしれない。

この「中国人のお客様がマットにゲロを吐かれて」は、いとも簡単に想像するのことが出来るのだ。しかもかなりのギャグタッチで。

中国人のお客様が体を折り曲げ、右目からひとすじの涙を零しながら嘔吐しており、その後ろで 絶望的な表情をした店長が見える見える。

そして、シンデレラのように必死でお掃除をする店長。

マットを哀愁に染まった表情で洗い流す店長。

もはや0~10まですべておもしろいではないか。M-1優勝待ったなしである。

そのあと店長はマットを外で洗い流したらしい。

吐瀉物を一般道にぶちまけるのか、、、(困惑)と思ったが、店内で汚染された水を捨てられるのも困るのでこれは賢明な判断だったと思う。


最後に。店長の連絡ノートへの書き方にすべてが現れていた。

怒りと 悲しさと 切なさが混じった字だった。少し文字の輪郭が震えている気さえする。果たしてそれは ゲロを吐かれた怒りか、それとも、、、。

そして、現場の状況を端的にたった二行でまとめた表現力。

これは徒然草を書いた兼好法師でもびっくりするレベルだし、もはや今回のこの「中国人のお客様がマットにゲロを吐かれて干してあります」だなんて、探したら徒然草にあるんじゃなかろうか?

そして、うっすらと にじみでる 偏見。

本来、店長が我々に伝えたかったことは「ゲロを吐かれたのでマットは干してある」ということだけなのだが、あえて「中国人」という主語をつけたすことでいい味が出ている。

おそらく店長からしたら人種差別的な意味合いなど一切なく、彼の中で「中国人がゲロを吐いた」ということが印象的だったのだろう。

確かに、もしも同時に日本人と中国人にゲロを吐かれたとして、印象に残るのは後者であるから、店長が余分な主語をつけてしまっても致し方ないと思われるが、今回はケースがケースなだけあり 「中国人の客がゲロを吐く」というパワーワードを生み出してしまっていた。要するにパンチが強すぎたのだ。だからこそ、面白かったのだと思う。

休憩時間にこんなものをかく私はどうかしている。兼好法師だって仕事中には書いていなかっただろうに。

まあ いいや。

今回はおわり。

徒然なるままに。

盲腸になった時の話

盲腸になったのは三年前のことだろうか?うろ覚えなのでわからないが多分そうだと思う(池沼)

当時わたしは高校生だった。そう考えると感慨深く、ちょっとおセンチな気分である。

 

 

 

盲腸になった日の朝、わたしは右腹部を襲う謎の違和感に苛まれていた。

起きがけからそんなコンディションだったので、テンションはもはやマイナスだった。

そして、「なんかお腹が変」とぼそっと呟いた私に母は「膀胱炎じゃないの?」と言い、猪苓湯(膀胱炎の薬 )を差し出してきた。

寝起きの機嫌の悪さ+謎の痛み+明らかに違う薬を渡された怒りでわたしは「は?(威圧)こんなもん効くわけないやろもうえぇわ学校行くわ」とプンスカしながら登校した。馬鹿である。学校へ向かう途中、いよいよ盲腸は本格的に始動し始め、この当たりからもやもやがズキズキに変わり始めた。

(もしやこれは、、、)

この時、わたしは「盲腸なのでは」と思い、クラスの友人に「これさ、、、めっちゃいたい、盲腸かな?」と聞いてみたのだが、「うーん盲腸だったら来れないと思う」と至極真っ当なことをいわれ(まぁ来たのだが)「せやな」と思いわたしは自分の席に戻った。

幸いこの日は授業が2時間目までしかなく、不幸中の幸いだったのかもしれない。そして、下校の時には盲腸はヒートアップし、最終局面を迎えようとしていた。

例えるならば、家を出る時は幼稚園のお遊戯会レベルが下校時には本場スペインのフラメンコ並の進化を遂げていた。

まるで内臓を刃物で刺され、熱した鉄パイプを当てられているかのような痛み。

それは歩く度に襲ってくる。

そんな中でもわたしは(いまマサイ族みたいにジャンプしたら多分しぬな)などと意味のわからない妄想をして、笑っていた。そしてやっとのことで家に着くともはや腹の痛み具合は白熱していた。ズボンすらヒィヒィ言いながら履いたほどだった。母は「だから薬のめっていったでしょ!」と怒っていた。

わたしは母の運転する車に揺られながら近くの内科へと向かった。

 

高校生にもなってわたしは内科の待合室で号泣した。痛みは鉄パイプや刃物どころではなく、右腹部に核ミサイルでも撃ち込まれたのではと錯覚する程だった。

1時間ほどして診察室に呼ばれ、泣きながら先生にお腹を触診される。

お腹をトントンと叩かれながら「ここは?」「じゃあここは?」などと言われながら痛みが発生している場所を特定していく先生。盲腸たちにとってはアノニマスくらいの脅威だと思う。

先生はやさしく「ここがいたい?」と先ほどフラメンコ会場であり今は核ミサイルが撃ち込まれた場所を押してきた。

先生が手を離した瞬間、痛みが猛烈に遅い「タナカッ!イタイ!」などと絶叫した。

痛みによるパニックでわたしはお腹と田中を言い間違えるという奇跡を起こし、母は笑っていた。

先生はそんなわたしをみて「憩室炎かもしれない、、、」と真剣な眼差しで語った。「すぐに大きな病院へ!」

医療ドラマでみたあのシーンが繰り広げられている。わたしは感動した。

先ほど田中で笑っていた看護婦さんも慌てふためきだし、近くの大学病院へ急患が行く旨を伝えるために電話をし始めた。しかし、一向に繋がらない。無能である。

やっと繋がったと思いきや、調子が悪いのかまったくお互いの意思疎通ができず、普段は温厚で優しい先生が「ちゃんとかかってからもってきて(ガチギレ)」と看護婦さんに怒っていた。

わたしはそれをみて笑ったせいでまた腹を痛めた。

母は「あっやばい」と思ったのか急に怒るのをやめ、事態が急展開を迎えたことを悟ったのか、なぜかわたしの腹にそっと おさるのジョージのタオルをかけはじた。そんな小さなエテ公のタオルをなぜかけたのか?未だにそれはわからない。

あれよあれよという間に紹介状をわたされ、大学病院へとむかった。

そこでメガネ先生に診察され、メガネ先生は半笑いで「緊急入院です!」と宣言した。

私と母に激震が走った。

実は大学病院へ向かう車内で、「幼なじみのNちゃんも盲腸かかったけど、お薬でおわりだったみたい」と聞いていたので、まさか入院だとは思わなかったのだ。

緊急入院、その言葉を聞いた時わたしは愕然とした。今日帰宅出来るくらいの心持ちでいたのに。

 

看護婦さんたちは私のために部屋の準備をしてくれ、母は一度自宅にわたしの入院セットなどを作りに帰り、当の私は母が「あっ、先週わたしインフルで~」などと余計なことを口走ったため、鼻に綿棒を突っ込まれていた。三重苦である。鼻も、腹もいたい。加えて熱も出てきた。平成のヘレンケラーは私ではないか?とその時はおもった。

 

病室は私以外全員おばあちゃんだった。

「これが少子高齢化か、、、」と意味不明なことをおもいつつ、ベットに寝転がった。

しかし、痛くて痛くて眠れない。わたしは速攻ナースコールをおし、痛み止めをくれと訴えた。「はぁいわかりました」とにこやかに消えていく看護師。

しかし、看護師がもってきたのは薬ではなく、そこそこでかい注射だった。今思えばあれは麻酔の類だったのだろうか?

筋肉注射をされ、わたしは痛みから解放された安心感と体をおそう倦怠感に勝てず、そのまま眠ってしまった。

 

2日目

痛みはほぼ皆無になっていた。どうやら昨日からずっと盲腸を散らす点滴をしているらしい、どうりで右腕に違和感があると寝ている時から思っていた。

手術で取るほどの大きさでもないし、女の子だから傷が遺るのはかわいそう(哀れみ)という先生のご意向によって、点滴になったらしい。

ほーん、手術じゃないならえぇわ。

盲腸って案外楽やなぁと思ったのも束の間、栄養士がわたしのところにやってきた。

わたしはウキウキで今日のメニューか?と思っていたがどうやら「あと3日は絶食やで、でもそれ終わったらワイが貴様の献立考えたるからな。そういうわけやで、よろしく」と言いに来ただけだった。

お腹は当然空腹である。

わたしは泣いた。

ご飯があと3日は食べられない。今日も含めたら4日、、、?

水も口にしてはならぬと言われ、もはやわたしは何のために存在しているのか分からなくなった。

わたしは涙目でテレビをつけたのだが、画面の中で春日が美味しそうにステーキを頬張っていたので即消した。

この4日間の記憶はない。ない。ない。

割愛する。そして5日目。やっと食料にありつけた。しかし、出たメニューは重湯という、お粥をさらにぐしょぐしょにした 米の味のする液体である。

メニューは重湯と、鶏ガラスープだった。おい、液体しかねぇじゃねぇか!!隣のばあさんでさえなんか固形物くってるよオイ!!!

殺意を抱きながらもとにかく重湯を口にしたが、元々お米そのものに味なんてないだろう説を唱えるわたしにとって重湯はただの拷問でしかなく、8割のこして、鶏ガラスープを完飲した。そしてこの日から飲みものも解禁されたため、わたしは点滴のガラガラをひっさげながらスキップで自販機へとむかった。

古かったのか、歩く度に「ガラガラガラ!キィ!!!!」という点滴をさげる棒みたいなやつは、苦情が入ったのだろうか?いつの間にか新しいものに変わっていた。ごめんなさい。

 

自販機で買って飲んだ紅茶は死ぬほど美味しかった。私は泣いた。

砂糖って偉大だよなぁと思いつつその日は寝た。

 

そしてついに退院の日。

わたしは食のありがたみと、内臓

が炎症を起こした時の痛みを経験して帰宅した。

もう二度と、盲腸にはかかりたくない。